ニュース

ジャンルで絞り込む

お知らせ

2021.12.24

冬期休業期間のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。
当校では、以下の期間を冬期休業とさせていただきます。


冬期休業期間:
2021年12月25日(土)~2022年1月4日(火)


この期間は、電話でのお問い合わせ、ご来校いただいての相談・見学受付をお休みさせていただきます。

当校Webサイトからの「資料請求」「‘オープンキャンパス’や‘オンライン学校説明会’などへのお申込み」「各種お問い合わせ」は、引き続き受け付けておりますが、資料の発送、お問い合わせへの返答は1月5日(水)以降となります。

何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

なお、テラハウスICAは2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)が冬期休業期間となります。

お知らせ

2021.12.13

「東京工科自動車大学校三校 プロジェクトセミナー成果発表会」を開催

 12月10日(金)国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、東京工科自動車大学校 世田谷校・品川校の佐藤校長の開会の言葉を皮切りに「プロジェクトセミナー成果発表会」を開催しました。

 当校は通常の授業とは別に、自分の興味・関心のあるテーマを選び、将来の職業人として必要となる「計画する力」「課題を見つける力」「評価する力」「報告・表現する力」=PDCAを意識し、グループで取り組む当校オリジナルの選択授業“プロジェクトセミナー” (https://car.ttc.ac.jp/school/project-seminar)を約1年かけて仲間と共に目標達成を目指します。

 代表グループとして選出された4グループが、学生・教員の前で発表しました。

■中野校①グループ
テーマ「塗装テクニックの研究」(1級自動車整備科・自動車整備科)

■世田谷校
テーマ「耐久レースが車両に及ぼす影響に関する研究」(1級自動車エンジニア科・自動車整備科)

■品川校
テーマ「実習車両の実践整備」(自動車整備科)

■中野校②グループ
テーマ 「制御回路技術の理解と実践工作」(エンジンメンテナンス科)



 以上4チームが、それぞれ掲げたテーマについてあらゆる面から追究し、その結果をわかりやすくプレゼンテーション。聞き手の学生たちも熱心に耳を傾けていました。今年の優秀賞に輝いたのは、世田谷校と品川校代表グループのダブル受賞!おめでとうございます!この経験を今後の社会人としての活動に役立てていってください。

 当校は、学生一人ひとりの技術や知識向上はもちろん、自分たちで考えながらチームで取り組み乗り越える大切さを、学生のうちから経験してもらいたいと考えています。



佐藤校長より開会の言葉
プロジェクトセミナー成果発表会のようす1

各チームより発表
プロジェクトセミナー成果発表会のようす2

プロジェクトセミナー成果発表会のようす3

プロジェクトセミナー成果発表会のようす4

プロジェクトセミナー成果発表会のようす5

本学園評議員の谷川様より総評をいただきました
プロジェクトセミナー成果発表会のようす6

佐々木校長(中野校)より優秀賞発表
プロジェクトセミナー成果発表会のようす7

優秀賞は、なんと今年は2グループ!初ダブル受賞!!
プロジェクトセミナー成果発表会のようす8

プロジェクトセミナー成果発表会のようす9

お知らせ

2021.12.13

【中野校】世界中で使用される工具メーカーと企業連携授業を実施

 12月9日(木)、整備用機器(ハンドツールや診断機器他)を中心に、世界的工具ブランドとして有名な「スナップオン」の輸入販売を手掛ける、スナップオン・ツールズ株式会社の方が来校され、当校エンジンメンテナンス科1年生にむけて特別授業をおこなってくださいました。今回来校し授業をおこなってくださったのが、当校(中野校)卒業生の五十嵐さん。先輩である五十嵐さんから、工具の歴史や正しい使用方法など、多岐に渡り学ぶことができました。


 講義では、車体整備において昔からボルトやナットが使用されている理由や、工具の歴史、規格や基準の違いなど、工具のプロ目線でのお話を伺いました。また学生たちは、手動でネジを締め、誰が100ニュートンの力に最も近いかを競い合う実習をおこないました。学生それぞれ力の感覚が異なり、さまざまな結果が出るたびに盛り上がりました。その後、トルクレンチという一定の力でネジを締めることができる工具を使用し、その正確さを体験。正しい工具を用いてネジ締めをおこなうことで、クルマのタイヤはずれなど重大な事故を未然に防ぐことにつながるということを、実感できたのではないでしょうか。


 今回の授業で、クルマの安全性を高めるためには、工具やその使用方法を正確に理解し使用することの重要性について学ぶことができ、エンジン開発やレースメカニックを目指す学生にとって、とても貴重な学びとなったことでしょう。


中野校企業連携授業のようす1
中野校企業連携授業のようす2

お知らせ

2021.12.10

文部科学省委託事業「専修学校による地域産業中核人材養成事業」に採択されました

〜「ホンモノに触れる」「ミライを体感する」5年一貫教育プログラムの開発と実証〜


 令和3年度からの文部科学省委託事業に本学が採択され、工業系分野[自動車・情報・IT・建築・インテリア・環境]における高専連携における5年一貫教育プログラムの開発と実証を行っていきます。

 高等学校の生徒たちが「ワクワク」しながらキャリア形成をするために、企業連携・AR/VRなどの先端技術開発・フィールドワークや体験学習など、当校ならではの実践的な教育プログラムを余すところなく提供していきたいと考えています。

 この取り組みによって、日本の基幹産業である自動車業界をはじめ、刻々と広がるDX社会においてAIを活用できる人材育成や世界的に進んでいるSDGsを捉えた環境教育、技術革新が加速化する建築業界など、各業界・各分野を牽引する技術者育成を高校・企業と連携しながら推進していきます。



[文部科学省HP]
https://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/1418823_00008.htm

高等学校・専門学校一貫の教育プログラムの概要

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。