品川校

自動車整備科2輪コースハーレーダビッドソン専科[2年制]

ハーレーのスペシャリストを養成する
日本で唯一のスペシャルコース

学科の特長

POINT01

実習車にもハーレーを使用
教材車両は約70台

ハーレーダビッドソンには、おおよそ6つの車両タイプがあります。それぞれの基本構造が異なるため、当科では6ファミリー・合計約70車両を揃え、ハーレーダビッドソンのすべてを学べる環境を整えています。

POINT02

世界共通の認定制度に沿った
「テクニシャン」の技術を学ぶ

ハーレーダビッドソンには、テクニシャン認定プログラムという5段階の技術者評価制度があります。当科では、その2段階目の「テクニシャン」の技術までを卒業までに学ぶことで、実際の現場で活躍できるハーレーのプロを養成します。

  • 野田 一夫 氏

    ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社
    代表取締役

    野田 一夫 氏

    1969年3月6日生まれ 福岡県出身。1993年 マツダ株式会社に入社、実験研究部員としてテストコースでの燃費・加速性能、サービス性当を担当。以来、BMW、アウディにて販売・商品・マーケティング等の責任者を務めた後、トライアンフにて代表取締役に就任。2020年12月に大型二輪の業界リーダーであるハーレーダビッドソン ジャパン株式会社の新代表に就任した。

    ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社の 企業理念・文化・ブランドと、
    求めるテクニシャン(人材)について

    ハーレーダビッドソン(以下、H-D)は、個人の自由を支持することで世界的に認められているブランドです。お客様を一番の財産として尊重することが私たちの企業文化です。ゆえに、私たちが正規販売店を支援する努力は尽きることがありません。なぜなら、お客様にパーソナルで思い出深い経験を提供することができるのは正規販売店だからです。モーターサイクルのスタイリングやフィーリング、安全性はテクニシャン次第であり、お客様の夢を実現するために極めて重要です。テクニシャンのスキルが、H-D 製品への多大な投資をより価値あるものに変えるのです。

    東京工科自動車大学校品川校ハーレーダビッドソン専科へ入学を検討される方へ

    私たちはお客様一人ひとりが個人の夢の実現を切望する気持ちを尊重しています。テクニシャンの手の中にはお客様の夢があります。適切なトレーニングを受け優れたテクニシャンになることは、あなた自身の自尊心を高め、人材としての価値を高めます。また、H-D正規販売店内に従事する限り、スキルも向上し続けます。H-Dのテクニシャンには幅広いカリキュラムがしっかりとした構成で用意されており、段階を踏むことによってマスターレベルに到達することができるからです。ハーレーダビッドソン専科に入学することが、これらの最良の第一歩となることでしょう。

就職実績

ハーレーダビッドソン正規販売店

ハーレーダビッドソン新宿/ハーレーダビッドソン亀戸/ハーレーダビッドソンシティ/ハーレーダビッドソン湘南/ハーレーダビッドソン横浜/ハーレーダビッドソン新横浜/ハーレーダビッドソンセントラル所沢/ハーレーダビッドソン浦安/ハーレーダビッドソン山梨/ハーレーダビッドソン宮城/ハーレーダビッドソン福井/ハーレーダビッドソン長野/ハーレーダビッドソンアルファ新潟/ハーレーダビッドソン国立/ハーレーダビッドソン豊橋/ハーレーダビッドソン名古屋/ハーレーダビッドソン東大阪/ハーレーダビッドソン長崎/ハーレーダビッドソン佐賀

就職決定率
100%

過去3年実績

  • 相澤 大樹

    品川校 自動車整備科2輪コースハーレーダビッドソン専科1年生

    相澤 大樹さん

    本場アメリカで活躍するのが夢。メカニックを目指す人に強くおすすめです!

    父の影響と、高校卒業後にアメリカで見た本場のバイクカルチャーに感銘を受け、ハーレーダビッドソンを学べるコースを選択。メカニックになるという明確な目標ができたことで、達成するにはどう生活すべきかを常に考えながら毎日を過ごすようになりました。当校で身につけられるものは最大限自分のものにし、胸を張って社会に出たい。そして将来は、ハーレーの本場アメリカでメカニックとして活躍し、日本で自分の店を持つのが夢です。メカニックとして生きていく覚悟があるなら、このコースを強くおすすめします。一緒に学びましょう!

    加藤 麻衣

    品川校 自動車整備科2輪コースハーレーダビッドソン専科1年生

    加藤 麻衣さん

    誰にも負けない知識と技術を身につけたい!

    幼稚園の頃に伯父のバイクの後ろに乗せてもらったことがきっかけで、ハーレーが大好きに。その頃からいずれ自分で運転したいと思っていたのですが、せっかくなら好きなものに携われる仕事をしたいと思い、この業界を目指すことを決めました。入学してからは勉強時間を確保するなど、自己管理ができるようになったと思います。力では男性にかなわないけれど、その分、誰にも負けないくらいの知識と技術を身につけられるよう頑張りたい!将来はハーレーのショップに勤め、お客様に寄り添える人になるのが夢です。

    わたしの一週間

    土・日
    1時限9:20〜10:50 バイクの点検整備 アーク溶接作業 エンジン本体の整備 エンジン本体の整備 自動車の電気基礎 休日はゆっくり過ごす
    2時限11:00〜12:30
    3時限13:30〜15:00 ハーレー特別教育 ブレーキ装置のしくみ
    4時限15:10〜16:40
  • 齊藤 健太郎

    品川校 自動車整備科2輪コースハーレーダビッドソン専科2年生

    齊藤 健太郎さん

    知らなかったことを知ることができるのが醍醐味

    高校時代に友人と日本各地をツーリングした際にハーレーを見かけて好きになり、ハーレーの仕事をしたいと思うようになったのが入学のきっかけです。ハーレーについて重点的に学ぶことにより、エンジンの形式がすぐわかるようになり、ハーレー独自の考え方に刺激を受けることも多々。知らなかったことを知る楽しさを味わえるようになりました。同級生はハーレーが好きな人がほとんどで、わからないことがあればお互いに助け合うことができる仲間です。気づけばとても仲のいいクラスになり、毎日とても楽しく過ごしています。

    佐藤 理子

    品川校 自動車整備科2輪コースハーレーダビッドソン専科2年生

    佐藤 理子さん

    好きという気持ちがあれば大丈夫!女性であることを強みにしたい

    古着をきっかけにハーレーを好きになり、ハーレーのことをもっと知りたいと思い、この道を選びました。好きなことを学べるのは本当に楽しくて、高校時代は出席率があまりよくなかった私も、欠席することが減りました。時代が進み、技術も進歩するなかで、「らしさ」を追求し続ける精神に触れたとき、ハーレーを学ぶおもしろさを感じます。女性だからという不安もあると思いますが、クルマやバイクが好きという強い気持ちがあれば大丈夫! 女性だからこそ感じとれることもあるはずなので、それを強みにしたいと思っています。

学科ブログ

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。