世田谷校

自動車整備科メルセデス・ベンツコース[2年制]

日本で唯一メルセデス・ベンツの
最新技術と哲学を学ぶ

学科の特長

メルセデス・ベンツ × 東京工科グループ

The Best or Nothing -最善か無か-
妥協を排して完璧を目指す強い意志の「車づくり」の精神が宿る、多くの革新的な技術や概念を生み出し、自動車業界をリードし続けているトップブランド。東京工科グループはメルセデス・ベンツの思想に共鳴し、その最新技術を学ぶことが真のエンジニアを目指す若者に大きな刺激になると確信しました。

POINT01

メルセデス・ベンツ日本との
産学連携が実現

世界の自動車業界をリードし続けるトップブランド「メルセデス・ベンツ」の日本法人との業務提携に基づき、メルセデス・ベンツに精通したメカニック育成のための設備・環境を整備しました。憧れのメルセデス・ベンツ正規販売店に就職してメカニックとして活躍…そんな夢を実現させるための大きなステップとなるはずです。

POINT02

世界最高峰の技術を
修得できる教育環境

メルセデス・ベンツの「車づくり」と、東京工科グループの「ものつくり」。2つのコンセプトが融合することで、世界で通用するメルセデス・ベンツのメカニックを育成することがこのコースの使命です。最新技術にいち早く触れられる環境で、技術の進歩が目覚ましい自動車業界をリードする人材を育成します。

就職実績

輸入車ディーラーメカニック

茨城ヤナセ株式会社/エムビー・サービス日本株式会社/鈴木自動車株式会社/宮園輸入車販売株式会社/株式会社ケーユーホールディングス/山陽ヤナセ株式会社/株式会社シュテルン葛飾/株式会社シュテルン品川/株式会社シュテルン高井戸/株式会社シュテルンつくば/株式会社シュテルン中央/株式会社ヤナセ/株式会社ヤナセオートシステムズ

メルセデス・ベンツ正規販売店ネットワーク

全国販売店
ネットワーク数206

全国の
サービス工場222

※2020年12月末現在

就職決定率
100%

過去3年間実績

  • 世界トップレベルの技術が搭載された最新車両を実習車として使用します

    • C-Class

    • A-Class

  • 当コースでは、正規販売店・整備工場と同環境の設備を整えています。工具は、メルセデス・ベンツと同じドイツのメーカー「スタビレー」を備え、即戦力となるメカニックを育成します。

  • メルセデス・ベンツ日本株式会社の上野氏(写真左)と本学園理事長の山本(写真右)

    メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO

    上野 金太郎 氏

    メルセデス・ベンツ日本株式会社は、「自動車サービスエンジニアリングを志望する有望な学生を支援すること」も我々の責務と捉え、また、小山学園は、「より質の高い技術・サービス教育をもとに教育水準を高めること」を目的とし、2013年12月に両者の業務提携の合意に至りました。2014年には小山学園在校生向けにメルセデス・ベンツの基礎講座を夏期講習としておこない、メルセデスの魅力とサービス技術を学んでいただきました。そして2016年4月には、東京工科自動車大学校世田谷校自動車整備科に「メルセデス・ベンツコース」を開設し、学生のみなさんにメルセデス・ベンツを教材として、自動車整備を学んでいただいております。「自動車整備科メルセデス・ベンツコース」を卒業した学生のみなさんは、メルセデス・ベンツの整備技術だけでなくその本当の魅力や哲学までも理解したうえで巣立っていきます。彼ら一人ひとりが、自動車を発明し自動車の将来に責任があるブランドであるメルセデス・ベンツの名を文字通り背負ってくれることを期待しています。

    学校法人小山学園 理事長

    山本 匡

    我々小山学園「東京工科グループ」は、学生一人ひとりの夢をかなえる「夢・実現就職」をビジョンに掲げ、自動車業界の幅広い分野に、今日まで約20,000名の卒業生を「世界水準で活躍できる技術者」として自信を持って送り出してきました。さらに、この度のメルセデス・ベンツ日本株式会社とのパートナーシップで実現したメルセデス・ベンツコース設立によって、「The Best or Nothing」の精神から成る「メルセデス・ベンツの世界最高峰の技術」を学べる環境が整うことになります。名実ともに、世界最高水準の教育環境を得た本学園としては、メルセデス・ベンツの高度な技術を修得したエンジニアを育て、メルセデス・ベンツと共に自動車産業の発展に貢献すべく、日々の教育に一層励んで参りたいと存じます。

  • 久保田 雅之

    世田谷校 自動車整備科 メルセデス・ベンツコース2年生

    久保田 雅之さん

    株式会社ヤナセに内定が決まり、モチベーションがさらにアップ

    輸入車ディーラーの就職口を探し、転職を決断。自分で自動車を分解・整備する技術と法令知識を身につけるためには、専門学校で学ぶことが確実だと考え、メルセデス・ベンツコースがある世田谷校に決めました。社会人を経験してからの入学だったので、勉強面以外のことで同級生から相談されることも多々。卒業後は人の和を取り持つ人間になりたいと思うようになりました。努力の甲斐あり、株式会社ヤナセに内定をいただけたので、入社後は仕事を覚えつつ、一級自動車整備士、次にメルセデス・ベンツ独自の資格取得を目指します!

    小島 光

    世田谷校 自動車整備科 メルセデス・ベンツコース2年生 

    小島 光さん

    メルセデスを学びたくて社会人から学生に転身

    子どもの頃からクルマが好きで、なかでも特にメルセデスが好きだったため、仕事を辞め、日本にただひとつの東京工科自動車大学校のメルセデス・ベンツコースへ。授業はブレーキの分解整備や点火装置の整備など、実践的な学びが多く、日々発見があります。学校にはメルセデスを好きな人もいれば、バイクを好きな人、クルマに興味のない人もいます。それでもみんなが楽しく学べる環境があるのが、この学校のいいところです。将来はメルセデスのオーナーになりたい!そのためにも走る・曲がる・止まるの基本をしっかり勉強したいと思います。

    皆川 真緒

    世田谷校 自動車整備科 メルセデス・ベンツコース1年生 

    皆川 真緒さん

    難しいといわれている資格を取り、メルセデスのスペシャリストに

    当校のWebサイトで日本唯一のメルセデス・ベンツコースがあることを知り、オープンキャンパスに参加。先生方や学生スタッフの人が優しかったので、この学校で学んでみたいと思い、入学を決めました。最初はあまりクルマに興味がなかったのですが、今はいろいろ知りたくて、わからないことを進んで調べています。担任の先生が自動車業界で働いていたときの会社の様子などを話してくれるので、いつも興味深く聞いています。目標は、難しいといわれる故障診断士の資格を取ること。そして、メルセデス・ベンツのスペシャリストになることです。

    わたしの一週間

    土・日
    1時限9:20〜10:50 工作加工作業 メルセデス・ベンツエレクトリカルシステム演習 自動車の基礎力学 ブレーキの点検整備 グラインダ取り扱い作業 掃除、買い物、動画を観るなど/散歩、夕方からアルバイト
    2時限11:00〜12:30 自動車の仕事と出力
    3時限13:30〜15:00 車両の安全作業 エンジン本体の整備 エンジンの燃焼と性能 自動車製図 低圧電気取扱
    4時限15:10〜16:40 ステアリングとアライメント 自動車情報リテラシー

学科ブログ

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。