中野校

エンジンメンテナンス科[2年制]

モータースポーツ業界、エンジン開発など
幅広く活躍できるスペシャリストに

学科の特徴

POINT01

フォーミュラカーを使った実習で
レースメカニックも視野に

自動車の基礎をしっかりと学んだうえで、さらに高度なチューニング技術についても学びます。2年次の選択授業では、コンピュータチューニングについてのセミナーやフォーミュラカーを教材に、エンジンから足回りのチューニングを学べるセミナーもあります。セミナーの卒業生は、30社を超えるレース関連企業で活躍しています。

POINT02

自動車から重機、船舶まで
あらゆるエンジンを学ぶ

自動車のレシプロ、ロータリーから建設重機・船舶にジーゼル、そして最先端の環境対応エンジンまで実際に触れながら学びます。もちろん、ブレーキ、サスペンションなどシャシ関連の講義も充実しており、よりスペシャルな二級自動車整備士を目指せます。

当校では「スーパーGT」や「スーパーフォーミュラ」など
憧れのモータースポーツの世界に在学中から触れるチャンスがあります。
世界最高峰の舞台で、レースメカニックとして活躍することも夢ではありません。

レースウィークと呼ばれる開催前日の搬入からピット設営、車両や工具類などの設置の手伝い、タイヤ管理(テスト走行や予選、決勝での 圧力、温度管理)、走行中のサインボードなど、そしてレース終了後の撤収作業までレース全般の流れを様々な仕事をとおして経験しま す。時には、車両のセッティングやデータ管理のサポートなども。夏休みにはチームの工場で、本物のレースマシンのメンテナンス作業が できます。エンジンメンテナンス科はレースの世界が身近に感じられる日本で唯一の学科です!

スーパーGT

学生メカニックが、毎年スーパーGTにOJT参加しています。2020年も鈴木亜久里氏がプロデューサーを務める「ARTA Project」のチームメカニックとして参加します。現在、ARTA Projectには卒業生4名がメカニックやスタッフとして活躍しています。

ル・マン24時間レース

自動車専門誌「NAVI」とル・マンを制した「チームゴウ」の協同チーム「NAVI TEAM GOH」に、当校から2人の学生がメカニックとして参加。一流のレースメカニックと一緒に「ポルシェ RS スパイダー」のパフォーマンスアップに燃えました! また、第77回ル・マン24時間レースに参加した全チームの中で「NAVI TEAMGOH」はベストメカニック賞に選ばれました。

この春から、レースの世界で活躍する先輩たち。

レースというコンマ1 秒を問われる世界を在学中から体感し最高峰の整備技術を学べるからこそ、
エンジンメンテナンス科では、
モータースポーツ業界に数多くの卒業生を送り出しています。

レースメカニックだけでなく、レース用部品の開発エンジニア[TRD (Toyota Racing Development) 、NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)他]、安定した自動車ディーラー(販売店)で働きながらワークス・チームへの参加等、モータースポーツ業界では様々な技術者を必要としています。

就職実績

レースメカニック

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(NISMO)/株式会社M-TEC(無限)/株式会社セルブスジャパン/株式会社トムス/株式会社チームルマン/株式会社リアル/株式会社童夢/株式会社エー・ピー・アール/有限会社ホシノレーシング/有限会社中嶋企画

開発エンジニア

ヤマハ発動機株式会社

特殊車両メカニック

全日空モーターサービス株式会社/UDトラックス株式会社/小田急バス株式会社/関東バス株式会社/京浜急行バス株式会社/国際興業株式会社/東京日野自動車株式会社

その他

SGモータース株式会社/SKYGROUP/アウディジャパン販売株式会社/神奈川スバル株式会社/東日本三菱自動車販売株式会社/コマツカスタマーサポート株式会社/鈴木自工株式会社/タイムズサービス株式会社/日産プリンス神奈川販売株式会社/日産プリンス東京販売株式会社/日産プリンス西東京販売株式会社/東京スバル株式会社/トヨタ西東京カローラ株式会社/トヨタモビリティ東京株式会社/日産プリンス東京販売株式会社/ネッツトヨタ千葉株式会社/ネッツトヨタ山梨株式会社/ビー・エム・ダブリュー東京株式会社/フォルクスワーゲンジャパン販売株式会社/埼玉スバル自動車株式会社/埼玉トヨペット株式会社/大成技研株式会社/防衛省自衛官

就職決定率
100%

過去3年間実績

  • 番場 裕人

    中野校 エンジンメンテナンス科2年生

    番場 裕人さん

    信頼されるメカニックになり、世界最速のマシンをつくりたい!

    10歳のときにレーシングカートを始め、ドライバー兼メカニックをしていましたが、ドライバーとしての活動ができなくなったため、ドライバーに一番近いメカニックを目指すことに。東京工科自動車大学校を選んだのは学校でレース活動があることと、多くの卒業生がレースの現場で活躍しているためです。将来はレース業界に就職して、誰からも信頼されるメカニックになり、世界で通用する最速のマシンをつくりたい。授業では先生方から実際に直面したレース中のトラブルなどについても聞くことができ、興味が尽きません。

    井上 翔太

    中野校 エンジンメンテナンス科1年生

    井上 翔太さん

    レースメカニックを目指すならこの学校が一番!と感じています

    自分は中学2年のときに1年間だけカートを経験し、ドライバーになりたいと思った時期がありました。レースメカニックを目指すようになったのは、レースの世界に身を置きたいと強く思ったためです。東京工科自動車大学校に決めたのは、学校見学をしたときに、この学校ならレースメカニックへの道が確実に拓けていると感じたから。授業で現役のレースメカニックの方の話を聞く機会があると、この学校を選んでよかったと思います。知識と技術を積み上げ、将来は「井上がいなければダメだ」と言われるレースメカニックになるのが夢です。

    金 俊鎬

    中野校 エンジンメンテナンス科2年生

    金 俊鎬さん

    F1に挑戦するのが夢!
    土曜日はがっつりバイトも

    クルマが好きで、自分の夢を実現したいと思って、東京工科自動車大学校に留学することを決めました。この学校を選んだのは、レース活動ができることと、創立以来の長い歴史があるため。授業では勉強のおもしろさを実感し、このメカニズムはどうやって考え出したのだろうなど、興味が尽きません。土曜日はアルバイトに精を出し、日曜日は友達と遊んだり、勉強したり、メリハリのある毎日を過ごせていると思います。目標は自動車業界に就職を決めたら10年以内に結果を出し、イギリスに行ってF1に挑戦すること。今はそれに向かって一歩一歩前進しています。

    わたしの一週間

    土・日
    1時限9:20〜10:50 競技車両のエンジン オートマチックトランスミッションの整備 自動車工学 自動車検査実習 プロジェクトセミナー アルバイト、デート、勉強、休息、OJT など
    2時限11:00〜12:30 電子制御のしくみ 自動車と環境
    3時限13:30〜15:00 ガソリンエンジンの診断整備 CPUチューニング実験実習 ロータリーエンジン分解整備 エンジン性能実験実習
    4時限15:10〜16:40

学科ブログ

保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。