学科ブログ

校舎・学科で絞り込む

品川校

1級自動車整備科

2022.07.27

KWASAKI Ninja ZX-14R

先日、新たな教材となったZX-14Rですが


Dynajet(シャシダイナモ)上で走行させるとスピードセンサー異常で


警告灯(ダイアグ)が点灯してしまいます。


IMG_20220727_140320


これはフロントタイヤが停止しているため、フロントの車輪測センサー


との整合性が取れなくなる事が原因と思われます。


このままでも支障は無いのですがそこは整備士魂が許しません。


ダイアグを消そうと色々な診断機を試しましたが学校にある診断機では


上手くいかず汎用のOBDⅡで定評の”TORQUE”を使ってみました。


IMG_20220727_140306


このTORQUE、携帯とバイクを繋げダイアグ表示やデータログ収集と


非常に多機能で尚且つ安い(これ一番)!


と言う事で早速ためすと繋がりました。


ダイアグもちゃんと消えます。


これで心置きなく全開でパワーチェックする事が出来ます。


Ninja ZX-14R で200km/hオーバーを体験したいなら


是非、品川校のオープンキャンパスに参加して下さい!


お待ちしています。では!

品川校

1級自動車整備科

2022.06.11

マツダセミナー2022が今年も行われました。

 5月31日に1級自動車整備科3年生対象のマツダセミナーが行われました。


今年は、マツダの先進安全技術とエーミングの実習についてです。


DSCF0128.JPG

DSCF0153.JPG


エーミングとは、現在の自動車は、自動ブレーキや自動追従などの装備があり、車両にカメラやレーダーが搭載されています。


多くの車両は、前面のガラスにカメラが装着され、前面グリルのエンブレム後ろにレーダーが装着されています。これらのセンサーを取り外した場合にエーミングという作業が必要になります。カメラやレーダーの取付がずれていると正確な制御ができなくなってしまうからです。


DSCF0147.JPG


DSCF0157.JPG


実習で使用した車両は、マツダロードスターとマツダCX8です。


DSCF0135.JPG


DSCF0142.JPG


一級自動車整備士に必要不可欠な内容であり、とても有意義な研修でした。




株式会社関東マツダ様、東京マツダ販売株式会社様

大変お世話になり、ありがとうございました。




一級自動車整備士を目指すなら品川校のオープン・キャンパスにぜひ参加してください。


保存されていない入力内容があります。保存ボタンを押してください。